ドラマの世界と現実

テレビなどのドラマでは、時代に合わせて人気あるテーマを題材に取り上げることがよくある。視聴者が注目を集める事柄についてテーマに取り上げることで、視聴率を高める効果があると言えるのではないだろうか。時代に合った職業の一つとしては、通信技術業界がある。新しい企業が次々と起業され、大きなビジネスの成果をあげている。この業界に興味を持っている視聴者が多い事から、テレビのドラマの題材としてふさわしい。ドラマの主人公は、IT企業に勤めるwebエンジニアという設定にし、ネット開発の高いスキルを持っていて、難しい仕事でも簡単にこなすことができる特徴を持ったキャラクターが、視聴者の興味を駆り立てる。これは、テレビドラマのフィクションというだけでなく、方法次第で現実にする事ができるものでもある。

これらのIT企業に勤めるwebエンジニアの存在は、決して特別なものではない。日常で利用しているネットサイトやネットサービスはwebエンジニアが開発したものであり、常日頃から間接的に彼らと関わっていることになる。エンジニアとしての開発力を実際に身につければ、ネット開発の仕事で実際に活躍ができる。テレビドラマはただ鑑賞して終わりではあるが、現実にweb技術者の道を歩みだすことにより、収入を得て生涯の仕事とすることができる。大切であるのは、始めの第一歩を踏み出すことであり、web開発に関わるスキルの修得から始められる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です