機能付与に必要なプログラミング

Web制作において重要性が高まっているのが、WebサイトにHTMLだけでは実現できない機能を付加させることができるwebエンジニアのプログラミングスキルである。Webプログラミングが広く認知される以前は、HTMLのコーディングにより文章や画像などを並べて情報発信を行うのがWebサイトの限界であると捉えられていた。しかし、プログラムを組み込むことによって一方向の情報発信ではなく、ユーザーからの情報をプログラムによって得ながらそのフィードバックをWebサイト上で表示させることが実現できるということが広く知られるようになり、より価値の高いWebサイトの制作に焦点が置かれるようになってきている。

こういった機能性のあるWebサイトの制作現場において不可欠なのがwebエンジニアであり、プログラミングスキルの高低にかかわらず必ず活躍できる現場となっている。アクセス解析や履歴の取得に始まり、アプリケーションの組み込みやWebフォームのプログラムの導入等、多くのWebサイトで当たり前になってきていることを実現するのにはWebプログラミングが必須である。実際にWeb制作に携わったことのない人にとっては様々なプログラムがWebサイトにあまりにも自然に組み込まれていて認識ができていないこともある。しかし、制作現場においてはそれが当然のようには行えず、スキルを持ったwebエンジニアの力が不可欠なのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です