重要視されるコミュニケーション能力

webエンジニアは基本的にはブラウザ上で動作するプログラムを制作することが業務となるものの、多くのシステム開発やプログラム開発とは異なり、web制作にかかわる他の専門家とのかかわり合いの中で仕事を行っていく必要がある点が特徴である。見た目の上で最も重要となるのはデザイナーが考えたデザインであり、それを実現するために必要なプログラムがあればそれを作成することで、デザインの助けをすると共にその一部を担うことになる。一方で、webサイトを機能させるために必要なアプリケーションやショッピングプログラム等があれば、それを制作してHTML上に組み込んでいくことが必要とされる。そういった際には、実際にHTMLを用いてコーディングを行っているコーダーとの連携が重要になる。

一方、ユーザーのアクセス履歴に応じた広告表示等を行う場合には、その広告を作成する人材とのデータのやり取りを行ったり、その広告の選択基準についてマーケティング担当者と相談したりする等、幅広くコミュニケーションを行ってプログラムを制作していくことになるのである。そのため、プログラミングスキルに加えて、人とのやり取りの中で必要な情報を適切に理解していくスキルが必要とされる傾向が強い。webエンジニアとしてwebに関する知識だけでなく、それにかかわる各専門家のもつ基本的な知識や特徴について理解しておくことが現場での活躍に必要となるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です